読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

絶対に真似してはいけない貧乏めし その1 牛丼紅しょうが飯

貧乏人の料理術 料理 健康

今回はうまいけど健康上真似してはいけない

牛丼紅しょうがの作り方について書いてみたいと思います。

 

 

まず牛丼の肉を片方に寄せます。

寄せた隙間に紅しょうがをご飯に対して1対1の割合で載せます。

載せた紅しょうがをご飯と混ぜます。

 

出来上がった紅しょうが飯を肉で包んで食べます。

 

( ゚Д゚)まいう~

 

 

脂っぽい肉と紅しょうがのサッパリ感がよく合います。

 

以前試した所、

この食べ方はすき家と松屋だとよく合います。

吉野家だとしょっぱさと苦さが勝ってしまうので合いません。

 

うまいのになぜ真似してはいけないのかというと

紅しょうがは塩分が多いからです。

 

紅しょうがの塩分は10g中0.7gといわれていて

ご飯の量の半分だと100gは超える事になります。

 

紅しょうがだけで7gの塩分

+牛丼の塩分が約3g程度なので

1食で10gの塩分を摂ることになります。

(これに味噌汁が付けば12gを超えるでしょう。)

 

WHOの推奨量は1日5g

高血圧学会の塩分摂取量の推奨値は1日6gです。

 

一食で1日の倍以上の塩分が取れるという

実にキケンな食事なので真似してはいけないのです。

(塩分の摂り過ぎは腎臓病、高血圧、発がんリスクを引き上げます。)

 

 

ちなみにインスタントヌードルも塩分の塊なのでスープは捨てましょう。

通常サイズで6g

ビックサイズで10g

程度の塩分が含まれています。

 

ミニサイズのカップ麺が塩分3g程度なので

塩分を意識するならミニサイズが限度でしょうね。

 

関連

カップラーメンにかけるとおいしくなる「魔法の粉」なんて要らない
http://bobcoffee.0012.org/entry/2013/11/14/073411