貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

G-Clusterが届いたので初期設定と動作テストをしました。

あの話題*のゲーム機が先着2500人に無料プレゼント中 - 貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南
http://bobcoffee.0012.org/entry/G-cluster_Monitor

 

こちらで紹介したG-Clusterが届いたので

初期設定と動作テストを報告したいと思います。

 

 

小さいのかなと思っていたら

100サイズぐらいありそうなダンボールで送られてき来ました。

ディーリンクという見慣れない会社が製造しているとのことで

台湾の通信機器メーカーだそうです。

 

ディーリンクジャパン株式会社|D-Link Japan | Building Networks for People
http://www.dlink-jp.com/

 

外装破損品でした。

だから無料だったのかもしれませんね。

 

ハードの方にLinuxでも使っているのか

サーバー側のエミュでGPLに触れるところがあるのかは不明です。

 

電源はテレビのUSBポートから

それで動かなければACアダプタを使用してくださいとのこと。

 

ACアダプタの電流は1Aですね。

付属のUSBケーブルとHDMIケーブルは長さ50cmぐらいしかないので

テレビから電源が取れない場合は

自分で長いUSBケーブルが必要になるでしょう。

 

 

ここからが初期設定です。

無線LAN設定をします。

WPSが付いている無線LANルーターであれば

WPSボタンを押してから設定すればスグに終わります。

 

クレジットカードを登録しないと

無料のトランプゲームと10分間のゲームサンプルしか出来ません。

 

今回はユーザー登録の時クレジットカードを登録してありますから

ユーザーIDがとパスワードを入力して完了です。

 

 

-動作について

G-Clusterの動作テスト - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=p0a_2M7Vf90

 

撮影したカメラの設定上暗めに移ってますが

実際には最大720P(1280×720)ほどなので

ゲームにもよりますがかなり綺麗だと感じました。

 

タイトルによって反応速度にバラつきがあるようです。
特に仮想化して動作させているPCエンジンの
アクション・シューティングは反応速度が厳しいですね。

ワンテンポ遅れると考えた方がいいでしょう。

 

月額500円プラン | G-cluster
http://gcluster.jp/games/500plan.html

の中では

タワーブロックス

クレイドル・オブ・ローマ2

R-TYPE LEO

ロイヤルエンボイ2

あたりはまあまあ遊べると思います。

 

クラウドゲーム機という試みは面白いですが

著作権周りでコピー防止というメリットがあるとしても

反応速度や回線コストを考えると

中々商売としては難しそうですね。

 

クラウドゲーム機がどういうものか

一度試してみたい人は2月29日まで行われる

G-cluster無料お試しキャンペーン

 

から申し込んでみてはどうでしょうか?