読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

北海道&東日本パスとフェリーで北海道に行ってきた時の話。その6 札幌~函館~青函フェリー

北海道&東日本パスとフェリーで北海道に行ってきた時の話。その1 

→仙台~青森

http://bobcoffee.0012.org/entry/2016/08/25/000000

北海道&東日本パスとフェリーで北海道に行ってきた時の話。その2

→函館~札幌

http://bobcoffee.0012.org/entry/2016/08/26/060000

北海道&東日本パスとフェリーで北海道に行ってきた時の話。その3

→札幌~小樽~苫小牧~新千歳空港
http://bobcoffee.0012.org/entry/2016/08/29/060000

北海道&東日本パスとフェリーで北海道に行ってきた時の話。その4

→新千歳空港~札幌
http://bobcoffee.0012.org/entry/2016/09/07/041647

北海道&東日本パスとフェリーで北海道に行ってきた時の話。その5

→札幌~旭川 ~札幌 
http://bobcoffee.0012.org/entry/2016/09/12/060000

の続きです。

 

この日は北海道からの帰り道、札幌から青森へ向かう日です。

 

‹本日の日程›

札幌市内散策

白い恋人パーク

札幌駅から五稜郭駅~青函フェリー

 

えきから時刻表 乗り換え案内検索結果
http://www.ekikara.jp/cgi-bin/route.cgi?faretype=ic&incode=01102011&intext=%8ED%96y&outcode=01202021&outtext=%8C%DC%97%C5%8As%89w&month=201609&day=17&hour=12&min=39&arrive=&way=&max=5&sort=time&half=on&cut=on&direct=on&search=%8C%9F%8D%F5

検索結果 1
所要時間  :  8時間9分(乗車:402分、その他:87分)
乗車距離  :  315.3km
乗車料金  :  5720円(乗車券:5720円, 特急券等:0円)
乗り換え回数  :  4回
発着時間 駅情報 路線情報 乗車券 特急券等
13:05発 札幌(北海道)  
9分 10.9km
[快速]エアポート130号
レストラン    
13:14着
13:14発
新札幌(北海道)

自由席
0円

指定席
520円

21分 30.1km
[快速]エアポート130号
レストラン    
13:35着
13:44発
千歳(北海道)
 
24分 30.2km
[普通]JR千歳線
レストラン    
14:08着
14:49発
苫小牧(北海道)
 
67分 58.0km
[普通]JR室蘭本線(長万部-苫小牧)
レストラン    
15:56着
16:17発
東室蘭(北海道)
 
99分 77.2km
[普通]JR室蘭本線(長万部-苫小牧)
レストラン    
17:56着
18:12発
長万部(北海道)
切符運賃
5720円
 
182分 108.9km
[普通]JR函館本線(函館-長万部)
レストラン    
21:14着 五稜郭(北海道)

 

行きは函館本線 長万部-小樽-札幌だったので

帰りは室蘭本線 札幌-東室蘭-長万部から函館に向かいます。

 

前日のネットカフェのパックプランには

料理が1品ついてくるということなのでそば飯を注文しました。

 

ザ・冷凍食品、味はまあまあ。

ラインナップとしては他にチャーハンやピラフ系、スパゲッティもあったかな。

 

ナイトパックが午後7時から使用可能だったので

ネットカフェの12時間プランを利用したので

この日は午前7時頃から行動開始です。

 

ここでカメラを落としてしまい撮影できなくなったので

スマホのカメラに変えて画質が落ちています。

ミックスソフトですが

ドムドムバーガー、ラッキーピエロと酷似しているので同じミクスメーカーなのでしょう。

下のコーンカップは硬めでパリパリして美味しかったです。

商品を買うとポストカードが付いてきます。

スイート(ブラック)ホワイト ミルク 一個64円だったかな。

ホワイトチョコはまんま白い恋人のチョコの味ですね。

ここまでが白い恋人パークでした。

隣にコンサドーレ札幌の練習場と併設レストランがあったりと

入場料を払って中に入らなくても楽しめそうな場所でした。

 

北海道限定のまろやかフルーツ

関西限定のフルーツオレと味は近いですね。

 

東室蘭駅

 

この日は信号機のトラブルで

JR五稜郭駅 21:14着の普通列車の便がが飛んでしまったので

振替で長万部-森駅に関しては北斗自由席に乗せてもらったのですが、

森駅から五稜郭駅まで行く普通列車が最終便しか残ってなかったので

 

森駅で一度降りて時刻表を確認してから

同じ便の北斗自由席で五稜郭駅に向かいました。

 

五稜郭駅の自動販売機に入っていたコアップガラナ

こっちのガラナはキリンガラナよりコーラ寄りで普通に美味しいです。

JR五稜郭駅前

ここから行きに寄れなかったハセガワストアに行ってから青函フェリーへ向かいます。

 

この時行ったハセガワストア昭和店24時間営業で

JR五稜郭駅から徒歩17分1.4km(Googleマップ)と結構な距離があります。

 

北海道のパンメーカーといえば日糧製パンみたいです。

Wikipediaによるとニコマートなどで関西・関東にも進出するぐらいの力があったとか。

現在は山崎製パングループです。

 

日糧製パン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%B3%A7%E8%A3%BD%E3%83%91%E3%83%B3

 

ハセガワストア昭和店に着きました。

この時に買ったのは

やきとり弁当(たれ)

やきとり弁当(うま辛)

やきとり単品のハツ

しょうゆおにぎり

店内焼き上げのパンのお得セットです。

 

ハセガワストアはセイコーマートと業務提携をしているので

セイコーマートのPBも扱っていました。

 

やきとり弁当に関しては

肉の鮮度が良くてしっかりとした噛みごたえのある豚肉でした。

 

個人的にオススメなのはやきとり弁当よりも

単品のやきとりと店内焼き上げのパンです。

 

やきとりは塩だと肉の旨味を感じやすくて美味しかったです、

パンもコンビニのパンとは思えない程のクオリティと美味しさでした。

 

青函フェリーに着きました。 着いたのは午後10時頃

待合室で休憩しながら23時30分発のフェリーを待ちます。

フェリーが入港しました。

やはりスマホのカメラだと暗所がキレイに撮れてないですね。

三号はやぶさの調理室です。

給湯器 電子レンジ 冷水機がありました。

衛星電話なので料金が高いんでしょうね。

3号はやぶさは行きに乗ったはやぶさより小さい船なので

就寝室は1つだけトラックドライバー専用になっています。

海難事故防止を訴えるキャンペーンポスター

安全対策と禁止行為についてのプレートがありました。

 

次はその7 青森~仙台 最終日となります。