読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

Ankerのスマホ40回/ノートなら15回充電できる「PowerHouse」を買ってはいけない理由。

 

 を買ってはいけない理由について。

 

主な仕様としては

 Anker、スマホ40回/ノートなら15回充電できる434Whの超容量ポータブルバッテリ ~シガーソケット/コンセント/USB出力を装備 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20160523_758460.html

  アンカー・ジャパン株式会社は、434Whのもの電力を蓄電できるポータブルバッテリ「PowerHouse」を6月6日に発売する。Amazon.co.jpでの価格は50,000円の予定。

 12Vシガーソケット、コンセント、急速充電USBポート(4基)の3種類の出力端子を備え、スマートフォンなら40回、ノートPCは15回の充電を可能とする。また、キャンピングライト100時間、ミニ冷蔵庫7時間、TVは4時間連続使用できる。

 リチウムイオン電池を採用することで、鉛蓄電池搭載品よりも小型化を実現。キャンプや災害時のバックアップ用電源に好適とする。電圧や温度を適切に管理するバッテリ管理システムを備え、長期間安全に使用できるという。

 主な仕様は、12VシガーソケットがDC 16.8V/7.5A、コンセントはAC 110V~/1.29A(約142W)、USBは5V/6A(各ポート最大2.4A)。

 本体サイズは約200×65×145mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約4.3kg。 

 ANKER
http://jp.anker.com/support/A1701011

Anker PowerHouse

製品の仕様 :
容量14.4V / 434Wh入力DC 16.8V / 7.5A出力DC出力: 12V / 10A、AC出力: 110V ~ 1.29A、USB出力: 5V / 6A (各ポート最大 2.4A)サイズ約200 × 145 × 65mm重さ約4.3kg

 とのこと。

 

いろいろと問題のある製品だと思うので

問題点について書いてみたいと思う。

 

1)価格

5万円という価格は正直高いと思う。

個人でこれだけの大容量の製品をペイできるほど頻繁に使う機会が思いつかない。

 

2)容量

120,600mAhなので

12000mAhの10台分ということになります。

ただし単純に10台分以上の重量となっている。

 

本体重量  240g

本体重量  306g

 

またバッテリーは経年劣化の問題があります。

 

リチウムイオンの経年劣化について
電動アシスト自転車 まとめ @ Wiki - 電池の劣化防止
http://www26.atwiki.jp/den-assist/pages/23.html

【1】メーカー定義の『寿命』=『容量半減』

メーカーが【寿命=交換の目安】と定義してる状態は
電池容量が【新品時の約半分】になった時のこと
使用不能の状態ではないので注意
  • メーカーの「 電池の寿命 」の定義は、「電池の 容量が約半分 (50%~60%位)に減少した時」を指す。
    つまり、メーカーが「 寿命 」と言ってる状態は、いわば「 半減期 (容量半分になるまでの期間)」の様なもので、
    使用不可能 」になる訳では “ない” ので注意。容量が半減してるだけで使用自体は問題無くできる。
  • 通常 「寿命」 と言われると 「全く機能しなくなる状態」 をイメージするので間違えやすい。
    「寿命400回って書いてあるから400回充電したら途端に動かなくなるのかな」等と 勘違い しないように。
jyumyo_graff2.jpg

 3~6年程度で最大容量が半減になります。

 

容量が多いということは充電時間が気になりますね。

 

もうバッテリーがないとは言わせない。バケモノ級の大容量ポータブル充電器登場! : ギズモード・ジャパン
http://www.gizmodo.jp/2016/04/monster_battery.html

そしてPowerHouse自体のパワーが無くなったら、約10時間の充電でフル回復します。

充電時間は10時間とのことです。

 

3)重量

4.3kg

これだけの重さがあるということは

据え置きで使う前提のものと考えるべきだろう。

=稼働率が下がると考えたほうが良い。

 

また本体重量であると思われるので

ACアダプタの重量も考えなければいけない。

>DC 16.8V

ということはノートパソコン用ぐらいのサイズがあるはずです。

 

Anker Powerhouse 434Wh Battery Pack - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=4TVcaunA4G8

こちらの動画の1分16秒に充電器写ってます。

 

MODEL:RJ-AS168300U201

入力100V-240V 50/60Hz 1.5A

出力16.8V-3A

 とのこと。

 

4)用途

>キャンプや災害時のバックアップ用電源

とのことですが

オートキャンプなら自動車でキャンプするので電源の確保が出来ます。

災害時のバックアップ電源と考えたとしても

東日本大震災ほどの広域の災害が起きない場合は3日もあれば復旧します。

 

3日で復旧する用途で

一度充電が切れたら10時間充電しないと再度使えないものを

他の人にオススメ出来ないでしょう。

 

もし3日程度で停電から復旧しないほどの大災害の場合は

被災地からの脱出を試みた方が良い。

 

まとめ

この大容量バッテリーは100Vが使える点を考えても

UPSの一種だと考える方が無難でしょう。

 

個人で使う機会があるとすれば

停電時のひかり回線のONUぐらいかと思いますが

それもモバイルルーターがあれば代用できます。

 

電源が確保出来ないと命に関わる持病を持ってる場合を除き

5万円を出して買う必要はないと思います。

 

これを1台買うぐらいなら

1人1台3000円程度で買える

12000mAhクラスのモバイルバッテリーを持たせる方が良いでしょう。

災害時に家族一緒に居るとは限らないのですから。

 

追記

騒音が発生しないことを考えると

路上ライブや野外イベントには向いているかもしれません。

また、株式やFXなどの投資活動をしてる人には

電気が復旧するまでのバックアップとして価値があるでしょうね。

 

追記2

Amazon.com(アメリカ)でのレビューでは

睡眠時無呼吸症候群のCPAP療法を受けてる方が

停電時やキャンプで使用するのに適しているという評価が多かったです。