読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

格安タブレット BLUEDOT「BNT-71W」徹底分析 第4回 実はOEM製品かも。

CPU-Zというハード情報が見られるアプリがあるのですが

その中で

Model    BLUEDOT BNT-71(U25GT-C4YT)

Manufacturer CUBE

と書かれているのが分かります。

 

 

Manufacturerとは製造、つまり製造元のこと

Model(型番)に書かれているU25GT-C4YTについては

製造元での型番ということでしょう。

 

このことから

Manufacturerに書かれている CUBE

Modelに書かれている U25GT-C4YT

で調べれば元の製造メーカーが分かるわけです。

 

CUBE U25GTシリーズは

輸入業者が過去に国内でも販売していました。

 

CUBE U25GT|赤札天国
http://akafudatengoku.com/products/detail.php?product_id=4807

今回はその最新作ということのようです。

 

RK2928を搭載した7インチタブレット「酷比魔方(CUBE) U25GT」
http://tech-neet.com/?p=7208

CUBEは中国では酷比魔方と呼ばれているメーカーです。

 

こちらがそのホームページ

网站首页 - 酷比魔方(CUBE)品牌网站
http://www.51cube.com/ch/Default.asp

 

産品をクリックして商品リストへ

企业产品 - 酷比魔方(CUBE)品牌网站
http://www.51cube.com/ch/ProductList.asp

 

産品の中から最もスペックと外装が近い機種がこちら。

U25GT超极版 - 酷比魔方(CUBE)品牌网站
http://www.51cube.com/ch/ProductShow.asp?ID=270

U25GT超极版 - ALLDOCUBE Technology Co, Ltd.
http://www.51cube.com/en/ProductShow.asp?ID=270&pageview=pro

 

IPS液晶178度の視野角

HDMI USBOTG GPS搭載

バッテリー容量

メモリ1GB ストレージ8GB

カメラの位置も同じです。

 

CPUがCortexA7の4コアである

MTK8127が使用されています。

 

この商品についてタオバオで検索してみましょう。

 

U25GT超极版_淘宝搜索
http://world.taobao.com/search/search.htm?_ksTS=1447677611100_307&spm=2015090702&_input_charset=utf-8&navigator=all&json=on&q=U25GT%E8%B6%85%E6%9E%81%E7%89%88&callback=__jsonp_cb&cna=Mg%2FCDiV8xG0CAWq8A%20xj4BK3&abtest=_AB-LR854-PV854_2100

 

前モデルに関してはタオバオで

300人民元程度で売られていることがわかります。

 

書いている時点で

1人民元が19.32784円ですから

300人民元=5798.351円ということになりますね。

 

そこから日本に持ってきて技適を通して

消費税も含めて送料も日本国内での一年間の保証も入れて

更に最新モデルで性能も上がって7980円ですから

十分に安いといえるでしょう。

 

ここで大切なのは中国製であるということよりも

ちゃんとした品質の確保と国内での保証です。

 

2003年から現在までの12年の間

ポータブルDVDプレイヤーを売ってきたBLUEDOTは

出て数年の輸入業者やUPQやfreetelあたりとは

製造業としての品質に対する感覚やチェック体制、

保証やサポートに関するノウハウが違うのではないかと思うわけです。

 

なので他とは一味違うぞという所を

今回の「BNT-71W」を通じてBLUEDOTには

市場に示してくれればなと期待しています。

 

 

OEMついでに昔話でもしましょうか。

OEM関連でいえばパソコンなんかでも同じですね。

 

それこそ日米貿易摩擦で間接的に輸出することで

軋轢を回避しようという中で

アジア諸国での技術供与と生産による間接輸出

 

台湾に電子基板を依頼してパソコンのOEM・ODM製品を

日本で日本の会社が販売

 

PC My Life 世界のパソコンのほとんどは台湾製です。
http://pcmylife.blog98.fc2.com/blog-entry-1202.html

 

そういった流れで力を持った製造会社が

消費者に対して自社ブランドで発売するASUS Acer HTCなどに繋がり、

更にその台湾の基板メーカーが中国で工場を立てて製品を作ったから

Huawei ZTE Lenovoあたりが出てきた訳でしょう。

 

-

5年前のiPad関連のツイート

AndroidOSを載せた物をiPadのパクリだというような馬鹿なマスコミならいらん。
こんな所が公共の電波を使っちゃいけない。 #tvasahi #ipadjp #Android
7:18 AM Jun 1st Twit for Windowsから

またパクリとか言ってるよ・・・。 #ntv #ipadjp #Androidjp
8:42 AM Jun 1st Twit for Windowsから

そのうち日本メーカーが出したスレート型のタッチパネルもパクリといいだすのかな? #ntv #ipadjp #Androidjp

パクリじゃなくAndroidを載せた正規品だと分かった方がいい。その上で日本には脅威だとちゃんと認識すべき。
NHKもテレ朝も日テレも甘い認識を国民に植え付けるな。 #ntv #ipadjp #Androidjp

 -

5年前の中華パッドなんてとても使い物にならなかったわけですが

今現在を見てどうですか?

 

結局、スマホもタブレットも全て

日本のメーカーは駆逐されたようなものです。

 

ARMとAndroidのようにオープンに近い規格は

ビデオ戦争で分かるように激烈な価格競争になることは目に見える話で

生き残れるのは圧倒的なシェアとコア技術を持った所だけなわけです。

 

ビデオ戦争 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E6%88%A6%E4%BA%89

 

パソコンでいえばWindowsやintelが絶対的に必要なコアな部分で

スマホやタブレットならAndroidやARMでしょう。

 

そのようなコア技術を持たない製造業は

何を作るかより何に使うかを提案して

サービスの中から利益を得るようにならないと

 

よっぽどここの製品が好きで

他の会社の製品は選べないよ

と言わせるぐらいのモノが作れる会社以外は

純粋な製造業としては成り立たないと感じてしまいますね。