読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

格安タブレット BLUEDOT「BNT-71W」徹底分析 第1回 開封~パーツ位置のチェック

【継続記事】 商品レビュー

前回ブログモニターに当選しました

BLUEDOTの7インチタブレット「BNT-71W」が届きましたので

徹底的に調べてみたいと思います。

 

まずは箱から

ポストに届いていたぐらいに小さい箱です。

比較するために目薬を置いてみました。

では開封します。

まずは背面から

白でプラスチックのつるんとした質感が印象的です。

BLUEDOTのマークが中央にあります。

右上にあるのがスピーカーです。

スピーカーの背面に付いてる為伝わりにくいので

5割から7割ぐらいでちょうどいい音量だと思います。

(最大音量だと音割れが発生します。)

 

正面側です。

カメラの影響で写り込みがないように見えますが

電源OFFの時は鏡に使えるぐらいに写り込みが激しいです。

 

カメラは自分を撮るWebカメラ30万画素のみです。

解像度はVGA640*480

画質に関しては悪いのでオマケ程度に考えましょう。

 

フラッシュや通知LEDはありません。

 

画面には液晶保護シートが最初から貼ってあります。

この液晶保護シートが傷つきやすいので注意が必要です。

反射を抑えるためにも場合によっては

新たに液晶保護シートを貼ったほうがいいかもしません。

 

右上にある穴がマイクです。

下から見た状態としては

電源ボタン イヤホンジャック MicroUSB(DC5V)上:MicroSD 下:ミニHDMI

両サイドがネジになっています。

 

DC5Vは説明書の模式図で印字されていたので書きましたが

専用のDCアダプタがないので使いみちはないでしょう。

 

起動画面 立ち上がりは早かったです。

 

明るさ調整をしているので必要以上に

画面が白く見えますが実際は黒が映えて見えます。

 

 

付属品は

MicroUSBケーブル 取扱説明書 保証書

となります。

 

ACアダプタなどは付いていませんので

余っているUSB充電器を使うか

別途購入する必要があります。

 

説明書では1A以上のUSB充電器を推奨されています。

もし使いながら充電する場合は2A対応で

機器によってアンペアを調整してくれる製品の方がいいでしょう。

 

オススメはAnkerのUSB充電器ですかね。

→Anker USB充電器 

 

画面のフチについて

縁幅は短辺14mm 長辺17mmなので

しっかりホールドして文字入力しても

誤入力が発生しにくいようになっています。

 

最近の主流は縁を狭めてサイズを小さくする方向に進んでいますが

初心者には縁が広い方が扱いやすいと思います。

 

 

商品の詳細については

BNT-71W | BLUEDOT株式会社
https://www.bluedot.co.jp/products/bnt-71/

BNT-71W | BLUEDOT STORE
https://www.bluedot.co.jp/store/products/detail.php?product_id=303

価格 7980円

 

初期ロットが完売したので次回入荷は12月中旬とのことです。

予約でタブレットカバーが付いてくるそうなので

待てる方は予約してみてはどうでしょうか。

 

続きです。

格安タブレット BLUEDOT「BNT-71W」徹底分析 その2 スペック編
http://bobcoffee.0012.org/entry/2015/11/12/210027

 格安タブレット BLUEDOT「BNT-71W」徹底分析 第3回 動作報告まとめ
http://bobcoffee.0012.org/entry/2015/11/15/162752