読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

ねんがんのミラーレス一眼をてにいれたぞ! NEX-5Tを買ってみました。

商品レビュー デジタル関係 四方山話

NEX-5Tは2013年発売でα5100の前機種モデルに当たります。

 

2015年2月頃は4万円を切ってたのですが、

最近は5万円近くに値段が上がってるので新品の場合改めてこの機種を選ぶメリットはないでしょう。

 

新品価格

NEX-5Tレンズキット5万円

α5100レンズキット6万円

 

ちょうど運動会シーズン終わった頃なのか

ヤフオクの相場が下がっていて3万円程度で手に入れることができました。

 

本体に対してのレンズの大きさが印象的

レンズが本体より厚いですね。

起動するとニョインと伸びます。(標準レンズで光学3倍ズーム)

モニターは可動式

動画を撮る時は浮かせてないと熱停止するとのこと。

モニタをレンズ側に向けられるので自撮りにも向いていて

前機種のNEX-5Rはユーチューバーに人気だったようですね。

 

 

ここから先がNEX-5Tで撮った写真です。

立体感が違います。

ぼかして使うにはやっぱり一眼ですね。

 

重量はレンズ込みで400グラム

片手で持てないこともない重さです。

 

ソニーのミラーレス一眼の良いところは

センサーサイズがAPS-Cと高級コンデジに使われている1型と比べて

3倍程度の撮像素子面積があり一眼の特徴を有しながら軽さもあるので

日常使いから旅行やイベントまで幅広く使える所ですね。

 

APS-Cサイズ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/APS-C%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA

 

高級コンデジも考えてみたのですが

撮像素子が1型だとスマホに搭載される画像素子の大型化と画像処理技術の向上で

将来的にスマートフォンが肉薄してくるということも考えられると思ったからです。

 

どうせ買うなら振り切った物の方が長く使えますからね。

 

1610万画素 4912 x 3264(3:2)4912 x 2760(16:9)

フルHD動画の撮影が可能

Googleフォトだとどちらもリサイズがされません。(容量は減ります)

ほぼ無制限に撮り放題という今使うにはちょうどいいスペックですね。

 

気になる所といえばオートフォーカスが中央部分なので

動くものには向かない点でしょうか。

 

 

子供を撮りたいといった理由でミラーレス一眼を買いたいという人がいたら

オートフォーカスの範囲が全体に広がった

次の機種のα5100かα6000あたりを買ったほうがいいでしょうね。 

 

時間に余裕がある人は

新型が出た後の型落ちや円高で安くなってる時を狙ってもいいかもしれません。