読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

大半の基本料無料のソーシャルゲーム・スマホゲーに通用する、無課金でスムーズに序盤から中盤まで攻略する方法。

パズドラ チェンクロ モンストなど

 

最近は時間の無駄だと思うので

終わりのないソーシャルゲーム・ゲームアプリはやらないようにしているのですが、

 

以前やっていた時に無課金でもゲーム公開当初という

スタートラインが同じ状況であれば

このソーシャルゲームをスムーズに攻略する方法で

全国上位にいることはさほど難しくはないようです。

 

 

ソーシャルゲームの大半は

スタミナ制とレベルが導入されています。

 

スタミナ制とは

ゲームを進行するとスタミナを消費が消費され、

スタミナの回復には1ポイントあたり3~8分程度経過する必要があるわけです。

 

レベルとは

ゲームを進行すると経験値が溜まり

必要な経験値を得るとレベルが上がります。

レベルが上がることでスタミナの上限が増えたり

スタミナが全回復します。

 

序盤はスタミナを使いきるまでに

レベルがドンドン上がるのであまり気にする必要はないのですが、

 

それなりにレベルが上がってくると

満タンのスタミナを使いきってもレベルが上がらない状態になると思います。

そこからが時間のロス=待機時間が発生してくるわけです。

 

そこで出てくるのが

スタミナ全回復アイテムです。

 

スタミナ全回復アイテムとは

スタミナ前回復アイテムはストーリーを進めて行く間に貰えたり

課金して購入する事ができます。

無料でゲームで遊ぶ場合は有限なわけですね。

 

大切なのは

このスタミナ全回復アイテムの使い所です。

 

上で書いたように

スタミナを全て使い切ってもレベルが上がらない時は

必要なスタミナが回復するまで待たなければいけません。

 

例えばスタミナ5ポイント足りないで

1ポイント回復するまでに8分掛かるとすれば

40分待つ事になります。

 

この程度であれば

食事やテレビ、お風呂に入っている間に過ぎますね。

 

ですが、あまりに長い待ち時間の場合は

回復アイテムを使った方がいいわけです。

 

その目安としては満タン2回分、

もしくは残っているスタミナ+全回復分でレベルが上がるかということになります。

 

基本的に残っているスタミナ+スタミナ回復アイテムを使うことで

ちょうどレベルが上がるのであれば使うべきです。

 

スタミナを全回復分まで待つとなると

数時間は待たなければいけなくなるので進行が遅れてしまいます。

 

また、ゲーム進行のスピード感や

寝てる間に回復するスタミナ数のロスを

序盤に以下に減らすかが重要になってくるからです、

 

スタミナ1ポイント8分のゲームがあったとして

寝ている時間が8時間だとします。

 

寝てる間に回復するスタミナは

8時間=480分

480分/1ポイント8分=60ポイント

となります。

 

つまり早急にスタミナの上限が60ポイント以上にならないと

毎日寝ている間にロスが発生することになります。

 

スタミナの上限が

50なら10ポイント=1時間20分

40なら20ポイント=2時間40分

30なら30ポイント=4時間

分を捨てているということですね。

 

ですからスタミナ上限を寝ている時間分まで

早急に上げる必要があるのです。

 

スタミナが上がれば上がるほど頻繁に操作しなくて済む。

ソーシャルゲームの大半は

レベルが上がるとスタミナが回復するので

最初の頃は頻繁に操作する必要があります。

 

一方、レベルが上がってくればレベルが上がりにくく

スタミナの上限も上がってきますので

頻繁に操作しなくてもロスが少なくなります。

 

一つの目安として12時間の間

ゲームを進行しなくてもポイントのロスが発生しない所まで

スタミナの上限を上げる必要があります。

 

12時間=720分

720分/1ポイント8分=スタミナ上限90ポイント

となります。

 

12時間=1日2回操作すれば

スタミナのロスが発生しないとなれば余裕ができることになるので

まずはここを目標にスタミナ全回復アイテムをガンガン使って

レベルを上げましょう。

 

 

ソーシャルゲームは時間管理ゲーとも言えるシステムですが

時間効率を考えるとこのような形になりますね。

 

ゆるく遊ぶならこんなことを考える必要はないですが、

まだソーシャルゲームをやりたいという人には役立つと思いますよ。