貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

Amazonの電子書籍サービスKindleで無料本を探す方法。

KindleHD6の新型が50ドル(約6000円)で

販売されるのでは、と報道されるなど

個人的に電子書籍関連が気になってきています。

 

みなさんの中にも

電子書籍は気になるし試してみたいけど有料はちょっと。

という方もいらっしゃるでしょうから

 

今回はKindle本の無料作品の探し方について書いてみたいと思います。

 

 

Amazon.co.jp:クチコミ:Kindle本を価格帯で絞り込む裏技
http://www.amazon.co.jp/forum/kindle?_encoding=UTF8&cdForum=Fx1QMZAIPKWB6YF&cdThread=Tx12F3FN036UC95

によると

Kindleストア(他、何でも好きなカテゴリ)を適当に検索して、アドレス欄の末尾に「&low-price=1&high-price=100」と付けてエンターを押すだけです。

low-price=1→最低価格、high-price=100→最高価格なので、数字を書き換えれば範囲は自由に変えられます。

Kindleストア全体を1円から100円で絞り込んだ例はこちら

http://www.amazon.co.jp/s/?rh=n:2250738051&low-price=1&high-price=100

 とのこと。

 

 

この方法を応用して

low-price=0 high-price=1

に変更してみると

 

 

Amazon.co.jp: -100: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/s/?rh=n:2250738051&low-price=0&high-price=1

 

Kindleストア>¥1以下となってますね?

1円以下ですので無料本ということになります。

 

大半はサンプルや長期連載されていた作品の1巻のみなどですが、

著作権が切れてパブリックドメインになった作品を

ボランティアが電子書籍化した青空文庫なども含まれているので

夏目漱石や芥川龍之介の作品などを見ることもできます。

 

 

電子書籍というと

専用のタブレットがないとと思いがちですが、

最近はパソコンにも対応しているので

一万円程度で売られているフルHD21.5インチ液晶があれば

全画面表示にして両開きでも問題なく読むことができます。

 

Amazon.co.jp: Kindle for PC
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3078592246

 

追記)

Amazonは細かくカテゴリが分かれているので

正確な無料本については

Amazon.co.jp: -0 - Kindle本: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/Kindle%E6%9C%AC-0-Kindle%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A2275256051%2Cp_36%3A-0

 

サンプルや1巻無料が含まれてないものはこちらみたいです。

Amazon.co.jp: 無料本: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/%E7%84%A1%E6%96%99%E6%9C%AC-Kindle-%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D/b?ie=UTF8&node=2353025051

 

 

最近はマンガ雑誌の無料掲載も行っているKindle

これからの動きに注目ですね。