読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

ソフトバンクの社長が「ガラケーはいらない」と言った日に私はソフトバンクのガラケーを契約した。

休んでた時期に書きたかった話を一つ。

 

ソフトバンク宮内社長、「ガラケーは必要ない」とバッサリ - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/business/35064676/

について。

 

ガラケーは必要ないといいつつも

ソフトバンクMNPによる乗り換えに限り

ガラケーの話し放題プランを割引をしています。

 

ガラケーのりかえ割 | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/garake-norikae/

 

3年間1480円で話し放題のキャンペーン

 

このキャンペーンは5月31日までとなっていましたが、

現在はキャンペーン終了日が書かれておらず

キャンペーンの継続が有力だと見られています。

 

なぜガラケーは必要ないといいつつも

このような3年間という変則的期間でのキャンペーンなのかというと

従来型のガラケーに必要な部品の供給が終了する時期が

2017年中とのことで3年プランにすることで囲い込みを狙ったものと思われます。

 

ガラケーに使われている3G回線自体は

オリンピックが開催される2020年までに停波というのは

スケジュール的にも厳しいものがあり

 

最終的に3G完全停波が

2023~2025年程度になってもおかしくはありません。

 

FOMAなど従来型携帯はいつごろまで販売されるでしょうか - その他(携帯・スマートフォンPHS) | 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8929187.html

 

 

今回のソフトバンクによるキャンペーンが3年間ということは

2018年までは停波に向けて動く気配はないと見るべきでしょう。

 

考えられる最速スケジュールで

2017~2018年に新規申し込み停止で

オリンピック明けに完全停波という流れになると思います。

 

ちょうどガラケーが生産できなくなる時期と合いますね。

 

2Gの時の大手キャリア三社の新規申し込み停止から完全停波までの期間について。

     新規申し込み終了   完全停波    停波までの期間

DoCoMo  2008年12月    2012年3月31日   3年4ヶ月

au     2009年8月9日   2012年7月22日   2年11ヶ月

SoftBank   2008年3月    2010年3月31日   2年

 

-DoCoMo

mova - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Mova

2008年12月から新規の利用申込ができなくなり、2012年3月31日限りでサービスが終了、停波した。

 

-au

 「CDMA 1X」サービス等の受付終了について | 2009年 | KDDI株式会社
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0520/

CDMA 1X」などのサービス終了およびご利用中のサービスへの対応方法のお知らせ 〈参考〉 | 2012年 | KDDI株式会社
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2012/0418/sanko.html

 

-SoftBank

ふぉーんなハナシ:その時はひっそりと訪れた――ソフトバンク2G停波 - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1004/08/news079.html

 

 

そんな形で現在3G回線のガラケー最終決戦の真っ最中なので

ソフトバンクののりかえ割

auau ケータイかえる割

ガラケーのキャンペーンを打ってきてますから

 

これからもガラケーを使いたいという人にとっては

今年のキャンペーンが最後という感覚で申し込んだほうがいいでしょう。

 

次回は上記のキャンペーンと

MNPでの注意点について書きたいと思います。