読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

旅行で邪魔になるのは着替え。

高速バスで東京や大阪に旅行して感じたことは
着替えが荷物の大半を占めるということで
どうすれば対策できるか考えてみようと思う。



一番簡単な対策としては泊まらないということ。

旅先に到着したその日の内にに帰りの便に乗るスケジュールにすれば
帰宅後着替えるなどすればいいだけなので余分なものを持ち歩く必要はなくなる。


泊まるとしても1日程度に抑えたほうが良い。
一日程度であれば下着と靴下を交換して服と靴に除菌消臭剤を使えば不快感は抑えられる。

除菌消臭剤は携帯スプレーボトルに移して持ち歩けば良い。


スケジュールで考えると
0泊3日までは非常に楽で
1泊4日までは除菌消臭剤と下着と靴下の交換で何とかなる事になる。


問題は2泊を超える場合で着替えを用意する必要が出てくる。


これは洗濯を掛けるにしても乾燥まで考えると2時間~3時間は消費される為で
せっかくの旅行が洗濯に時間を取られるのは勿体無い。


やはりスケジュールを組んで精一杯旅行を楽しむには
1日の休みをフルに活かせる

深夜出発早朝到着の高速バスの深夜便 0泊3日か
1日余裕を取って主要都市を外れるコースが取れる1泊4日
程度に抑える方が良いだろう。


ガッツリ楽しもうとすると体力的にキツくなってくるので
少なくとも距離で言うと東京-大阪程度であれば
その日だけに集中して回れる予定にしておいた方が
翌日、翌々日の体の負担を減らせるからだ。