読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

誰でも安くて手軽にできる6大健康法

誰でも安くて手軽にできる8大健康法 | ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2015/01/150119eight_helth.html

この中で参考になるとしたら

 

 

1. 精糖を避ける

5. 背骨を伸ばす

8. 歯を健康に保つ

くらいなもんです。

 

2. アルカリ水を飲む

は食事を含めて2Lの水分を摂取するという意味では

水分不足を起こさないという意味でアルカリ水である必要はないと思います。

 

3. 乳製品の量を減らす。もしくは食べない

については乳糖不耐症等アレルギーの関係で

発がん性が上がるのではと言われていますが

 

ヨーグルトのように乳酸菌発酵させて乳糖を減らしたものは

むしろ健康によいというのが結果として出てきています。

 

これに付け加えると

貧乏人の寒さ対策 プチプチ 電気毛布 マルチビタミン 筋トレ マスク 2014-2015年版 
http://bobcoffee.0012.org/entry/2015/01/07/060000

こちらで書いた通り

 

運動、とりわけ正しい形でのスクワットと

食事が偏ってる人はマルチビタミンが重要だと思います。

 

-

その3 マルチビタミン
今までは外から入ってくる寒さを遮ることや熱源による温めについて書きましたが
今度は体の内側から温めることについて書きたいと思います。


普段の食事から得る栄養が悪い場合、

血行不良や代謝不良が起こってる可能性があるので


一度マルチビタミンを飲んで必要な栄養が摂れているか確認しましょう。
普段の食事が野菜中心の場合に肉に多く含まれる

ビタミンB群が摂れてない可能性が高いです。


ビタミンB群は糖、油脂、タンパク質の代謝に必要になるでの
これらが不足すると主食や油物を食べたとしても代謝が働かなくなり
体温が十分に上がらず頭がボーとしたり

体や気持ちがダルかったり寝起きが悪くなったりするので


十分に睡眠時間が確保できてるのに寝起きが悪い場合は
鬱や低血圧だと決めつけずに

まずはビタミン不足による栄養失調を疑ってみましょう。


筆者はマルチビタミンを摂るようになってから
普段なら近寄りたくもないろくに暖房のない部屋でも

問題なく作業ができるようになりました。


その4 筋トレ(特に正しい形でのスクワットとかかと上げ運動)
上で必要なビタミンを摂ったとしても筋肉がなければ
体の熱源がないのと同じなので筋トレで筋肉を付けましょう。


人間の筋肉は下半身に7割が集中しているといわれている事で
下半身の筋トレをすることで効率よく筋肉を付けることが出来ます。

 

トレーニングの行い方

ふくらはぎの筋トレ


ふくらはぎを鍛えると
心臓から遠く、重力の関係で血液の循環が悪くなりやすい

下半身の筋肉を付けることで
足のポンプ機能を強化して血行を良くすることに

心臓の負担も軽減することが出来ます。


健康ネット | 座位プログラム | かかと上げ
http://www.health-net.or.jp/tyousa/tyokin/movie/03.html
関節について|膝関節について|立って行うトレーニング|ジンマー株式会社
https://www.zimmer.co.jp/joint/knee/strech01.html


太ももの筋トレ


太ももを鍛えると
太ももを十分に上げられるようになるので歩行時の転倒防止に繋がります。

また全身の中で一番筋肉が多い部分になります。


健康ネット | 座位プログラム | もも上げ(ふつう)
http://www.health-net.or.jp/tyousa/tyokin/movie/06.html


【筋トレ】スクワットの正しいやり方とよくある間違いを詳しく解説! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=TudkRBX1e5Q


3分でマスターする正しいスクワット【動画】 | ライフネットジャーナル オンライン
http://media.lifenet-seimei.co.jp/2014/09/08/350/

-

以上のことから

 

1.精糖を避ける   血糖値の急上昇を防ぐ

2.背骨を伸ばす   曲がると肺などの内蔵を圧迫します

3.歯を健康に保つ  歯が悪くなると認知症血栓が起きやすくなります。

4. スクワットをする 転倒防止と心臓への負担を減らせる。

5.マルチビタミンを摂る(特にビタミンB群) 脂溶性ビタミンなど過剰は禁物

6.食事を含めて水分を2L摂る(食事からは0.8L補充されるので+1.2Lの水分)

-病気で水分制限が必要な方は除く

 

この6つが金の掛からない健康法といえるでしょう。