読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

【紅しょうが決戦】吉野家・すき屋・松屋の紅しょうがを食べ比べてみた!

商品レビュー 料理

【牛丼決戦】吉野家すき屋松屋を食べ比べてみた! - Golden Year!
http://tomitakeisuke.hatenablog.com/entry/2014/09/27/230316

 

この記事がはてなブックマークの新着エントリーに入っていたので

今日はたまたま牛丼屋で食べる機会が以前あったのでまとめておこうと思う。

 

牛丼屋といえばどのチェーン店でも

かならずあると言っても過言ではない紅しょうがだが、

その味の違いについて語られることは少ない。

 

そこで牛丼とのバランスでいえばどれがうまいかについて書いてみたいと思う。

 

判断方法は牛丼の肉を片側に避けて紅しょうがとご飯を混ぜ込んだ状態で

肉と一緒に紅しょうがご飯を食べた時にしょっぱすぎないか

バランスのいい味になるかで判断している。

 

個人的な感想としては

この三者の中で比較すると牛丼に合っているのは

1 すき家

2 松屋

3 吉野家

の順になる。

 

すき家の場合は牛丼自体を邪魔しない味と程よい生姜の刺激で

牛丼の風味を壊さずに食べられる。

単体で食べれる程度の味付けになっている。

 

吉野家は塩分がきつく生姜の刺激もキツイため

紅しょうがをあまり食べられない味付けになっている。

単体で食べる事が厳しく

通常通りの食べ方で少量程度牛丼と合わせたとしても

味や風味を損なうものになってしまっている。

 

松屋についてはすき家吉野家の中間程度で

単体では食べられなくこともなく、

牛丼と合わせた時は別段美味くはないがまずくもない程度で

少量を上に載せて食べる分には牛丼としてのバランスを崩すことはないだろう。

 

 

今回はあくまで各社の味を確認するために行ったもので

紅しょうがには大量の塩分が含まれているため、

健康に悪影響を与える恐れがあります。

最小限の利用に留める事をオススメします。