読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

Android Oneの性能について

デジタル関係

Android Oneスマートフォン「Karbonn Sparkle V」、「Micromax Canvas A1」、「Spice Dream Uno Mi-498」のスペック | juggly.cn
http://juggly.cn/archives/128104.html

から引用しますと

 

-
OS:Android 4.4.4
ディスプレイ:4.5インチ854×480ピクセル、IPS液晶
プロセッサ:MediaTek 1.3GHzクアッドコア(Cortex-A7)
メモリ:1GB RAM、4GB RO、Micro SD対応
カメラ:背面に500万画素(AF、LEDフラッシュ、フルHD動画撮影対応)、前面に200万画素(固定フォーカス)
ワイヤレス:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、A-GPSGSM / WCDMA、デュアルSIM
バッテリー:1,700mAh
その他:FMラジオ、 Googleドライブの追加ストレージ20GB、Spiceクラウドの追加ストレージ10GB(Dream Unoのみ)

-

とのこと。

 

Cortex-A7の4コアということは

Cortex-A7 4コア = Cortex-A9 2コア = Cortex-A15 1コア

程度とベンチマークを見るとなっているので

二年前ぐらいのミドルクラス程度の性能があることになります。

RAMも1GBなので問題なく性能を発揮できるでしょう。

 

問題なのはFlashROMで4GBしかありません。

日本のドコモ端末で

Android4.0 A9 2コア 1GB 4GBのスマホを最近触ったのですが

動作自体は問題なくてもドコモやメーカー関連のアプリのアップデートで

容量がなくなるケースがあったので

 

ROM4GBは結構ギリギリかなという気がします。

下手にMicroSDを入れても不安定になりそうですし

あとはバッテリー容量の少なさが気になりますね。

 

Android Lの電源管理が優秀でもフルに動かすと

駆動時間は8時間程度になる気がします。