読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

閉鎖的なAppleが閉鎖的なFlashを追い出したことで切り開かれた「自由」への道

前回書いた
なぜどの企業もWintelの壁が崩せなかったか。をApple iPhone/iPadに見る。
http://bobcoffee.hatenadiary.com/entry/2013/10/17/123843
の中に書いた
>ソフト面の利便性で
の部分は何もハードの部分の問題点を隠すという事だけの話ではない。

AppleiPhone/iPadではFLASHSilverlightといったウェブプラグインでは無く、

オープンなHTML5を採用したのもソフト面の利便性を最大化する為の結果だろう。

もしFLASHAndroidよりも先んじて対応していたなら

Androidに付け入る隙をほとんど与えずに済むにも関わらずである。

FLASHSilverlightAdobeマイクロソフトといった特定企業に

開発が依存されてしまう為、

パソコン向けのOSにしか対応していなかったり、

x86以外のCPUはサポートが遅れたり、サポートしなかったり

とパソコンにおいてシェアの多かった

Windows+x86向けの開発が優先されていた歴史があった。

 

外部のしかも単一企業にWEBの基本部分を握られる事によって

製品開発が振り回される事がないようにという考え方からだろう。


実はこれもWintelの寡占状態を長年に渡って許してきた一つの理由でもある。

既にシェアを取った規格に

ハードもソフトもサポートが割かれる為より一層、

他のCPUOSが競争出来る環境にならないという事だ。


Wintel体制から抜け出す為に

Appleが行った事はインターネットを基本に置く事で

外付けによるハード的サポートを切り、

リッチコンテンツの環境は

オープンな規格であるHTML5の採用と

Flashのような単一企業に開発体制を依存する

インフラの排除であった。

しかし

このオープンなHTML5をリッチコンテンツの環境に持って来た事で

主流ではないCPUAndroid等々のOSから

オープンでありながら後発であるが為に

FLASHSilverlightのサポートが遅れる可能性が高い物であっても

 

Appleが普及させてつつある

オープンなHTML5をサポート出来さえすれば

互角に戦える可能性がある「自由」への道がここに生まれたともいえる。


もしかしてAndroidAppleが塩を送った格好になっているのかもしれない。

-

こちらは2010年6月25日に書いたものを再掲載したものです。

 

これを書いて現在までにTizen、ForeFoxOS、ChromeOSなど

無数のOSを搭載した端末が商業的に市場に投入されていることを

考えるとこの時に書いたことは間違っていなかったようだ。

 

閉鎖的なAppleが閉鎖的なFlashを追い出してことで切り開かれた「自由」への道 - bobcoffeeがあまりにも酷すぎる件について

http://d.hatena.ne.jp/bobcoffee/20100625/p2


関連
アドビの64ビット版「Flash Player」の行方--提供中止の理由と今後の方針 - CNET Japan アドビの64ビット版「Flash Player」の行方--提供中止の理由と今後の方針 - CNET Japan

AdobeAndroid向け「Flash Player」のアップデート打ち切りを発表 | juggly.cn

 

http://juggly.cn/archives/97208.html