読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

なぜどの企業もWintelの壁が崩せなかったか。をApple iPhone/iPadに見る。

Mobile GearⅡの頃から

真剣にPDAがなぜパソコンとして使えないのだろうかと考えていた。


なぜWintelの壁が崩せなかったかと言えば

CPUの壁 AT規格後はx86がメイン MIPS PowerPC 等々
OSの壁 Windowsに対する 超漢字 BeOS 等
USBホスト機能 PDA機器ではカットされる事が多くそれゆえに対応機器が少ない


とそれに伴う「ドライバの壁」が邪魔だった。

アップルUSBを切り捨ててソフト面の利便性で

問題ないように見せてるがハード的拡張性は切ってるんだよね。


そう考えるとiPhone/iPadケータイに近く、

Androidはパソコンに近いかもしれない。

iPhone/iPadに欠点があるとすればUSBホスト機能で

Androidはその点で将来的に母艦になる可能性がある。

DualコアCortex-A9の性能を見ると

早晩、真の意味のパーソナルコンピュータ

ARMベースで推移するんだろうなと思う。

 

そしてそれは消費者として脱Wintelの世界を

モバイルギア2、MIPSやSHの時代から模索し可能性を感じていた

PDAをパソコンへの夢が成就するという事、それは単純に嬉しい。

 

-

こちらは2010年6月25日に書いたものを再掲載したものです。

 

なぜどの企業もWintelの壁が崩せなかったか。をApple iPhone/iPadに見る。 - bobcoffeeがあまりにも酷すぎる件について

http://d.hatena.ne.jp/bobcoffee/20100625/p1