読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

オークションに隠されたブラインドコスト(その1)

貧乏人は・・・

私の節約術「セツヤクエスト

 

皆さんはオークションを利用するときに

どのようなコストが発生すると思うだろうか。

 

意識するのは

商品代と送料と銀行振込などの決済手数料

ぐらいだろう。

 

実は最も意識しなければいけない部分が抜けている。

それはあなたの人件費だ。

 

オークションは一点一点状態が違うので状態を調べる為の時間がかかる。それは商品自体もそうだし取引条件を見るのにも時間はかかる。仮にこの部分に15分掛かったとしよう。

 

続いて、無事落札出来たとして取引連絡が必要になる。

落札→相手→自分→相手→入金→入金確認→発送だと

最初の連絡に矢印ごとに半日近く掛かるので落札から到着するまでに3日近く掛かる。評価も含めると手続きに10分は掛かるだろう。

落札→自分から相手に住所等通知(※テンプレに記入)→相手から振込先通知→入金→入金確認→発送だと

2日程度に短縮できる。

 

さて、これまでに掛かった時間はいくらだろうか。

オークションの場合 日数にして2~3日、時間にして25分

Amazonやヨドバシカメラの場合 本州の多くの範囲で翌日発送、時間にして5分

オークションはAmazonなどと比べて1~2日の機会損失と20分のコスト高となる。

 

20分の人件費はどれくらいだろうか。

最低労働賃金でおよそ時給650円から870円程度、

それに会社側が負担する厚生年金やら事務経費を加えたら

実質的に時給1200円程度、人を雇うには掛かるかもしれない。

1200円/60分=20円/分だと仮定しよう。

 

そうすると

20分×20円=400円ほど見えない人件費が発生することになる。

あなたはオークションでどれくらい分、安く買えるから買っているだろうか。

400円程度、オークションが通信販売サイトより安くても、

Amazonやヨドバシ・ドット・コムで買った方が実質的には安いかもしれないというお話でした

 

続き

オークションに隠されたブラインドコスト(その2)

http://bobcoffee.hatenadiary.com/entry/2013/10/01/091559

 

 

※テンプレート

------------------------------------------------------------

オークションIDこと○○と申します。

短い間ですがよろしくお願いします。

 

名前:

郵便番号:

住所:

電話番号:

振込み名義:

振込み予定日:連絡を受けた当日中または翌日

振込先:銀行振込

 

以上です

振込金額と口座番号を教えて下さい。