読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏人は麦を食え。年収200万円時代を生きる方法。-bobcoffeeの麦食指南

年収200万以下の人に送る、それ以上の人は行わないでください。(健康に関することは除く)

貧乏人は新品を買う前にオークション価格を知れ。(リセールバリューの話)

前回最後に触れたリセールバリューについて説明しよう。

リセールバリュー - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC

リセールバリューとは

新車の自動車が三年後にどれだけの価値が残っているかを表した数値で自動車買取のガリバーの登録商標にもなっている。

自動車メーカーやリース会社などがやってる残価設定型プランも○年後の価値を想定して差額のこれだけの負担で新車に乗れますよと提案している点でリセールバリューの応用と見るべきだろう。

このリセールバリューを知ることで商品に対する本当の市場価値が見えてくる。

 

新品で3万円で買った家電がオークションで2万円で売ってた!

この場合、あなたはどう考えるだろうか。

損した!と思うかもしれない。でもその損は価格だけの損だろうか。

実はいらなかったという満足度の情報を得られなかったという損もここにはあるのだ。

 

例えば、食器洗い機は新・三種の神器としてよく名前が上がるものだが

家庭用の場合、水圧や洗浄力が業務用と比べて弱く、ただ中に入れてスイッチオンで終わるものではなくて、ひどい汚れは人の手で予洗いしないといけない場合があるなど、ほしいけど実際買ってみたら期待以下の満足度しか得られない残念な商品が多かったという感想が多く見られた。

 

この食器洗い機というジャンルについてオークションで見てみよう。

オークションでの落札価格を知るために

買うときも売るときも オークファン -ヤフオクなどオークションの情報が満載

http://aucfan.com/

落札されました <落札品検索>

http://ochisatsu.com/search/

などのサイトを使う。

オークファンの場合はログインしてない場合は過去の落札価格が3ヵ月分しか見れない。無料の一般会員に登録して落札価格が一年(写真一覧は6ヶ月)までみることができる。

ochisatsu.comの場合は登録不要で2007年からの情報を調べることが出来る。写真が一覧で見られないがその分、動作が軽いので使い分けるといいだろう。

 

価格.com - 食器洗い機 スペック検索・性能比較

http://kakaku.com/specsearch/2127/

で一番安い

価格.com - パナソニック プチ食洗 NP-TCB1-W [ホワイト] 価格比較

http://kakaku.com/item/K0000320650/

について検索してみよう。

 

価格.com で大体、24000円~25000円程度で

【2013年08月】の「NP-TCB1」を検索|ヤフオクのオークション情報が満載

http://aucfan.com/search1/q-NP.2dTCB1/s-ya/t-201308/

オークションの中古価格2012年度製造で14000円~15000円程度なっている。

もちろん価格だけでは情報を知ることは出来ない。

需要と供給のバランスで需要を超える量の中古が市場に流れて価格が下がったかについて注視する必要がある。

どれだけ中古市場に出回るかはそれだけ商品が新品で多く売れたということを意味しているからである。(安売りしていた、販売網が広かった、在庫が多く売れ残ったなどもある。)

 

新品を買うときはまず、価格.comのような口コミサイトをみる、

そしてオークションの過去の落札価格をみる事をオススメする。

 

さて、今回はオークションについて触れたので

次回はオークションに関係のある「ブラインドコスト」について触れてみようと思う。